米田工機株式会社

液体急速凍結とは

液体急速凍結の技術

熱交換率が一般的なエアブラストの約20倍!
冷凍前の鮮度を維持します!

液体急速凍結機「リ・ジョイスフリーザー」は、食品中の水分が凍結しやすい温度、-1℃~-5℃(最大氷結晶生成帯)間を時間をかけず急速に通過するため、細胞内に生成される氷結晶の大きさを抑えられ、細胞破壊を防ぎ、 鮮度維持の向上、色調・食感・風味の保持に繋がります。

①抜群の凍結スピード!

熱交換率は一般的なエアブラストの約20倍、驚異的な速さで食品の凍結が可能です。
厚さ30mmの食品でも、約20分で冷凍できます。(凍結所要時間例

②高品質な鮮度保持!

当製品は、真空パックした食材を-35℃まで低温化したアルコールに浸漬する急速ブライン冷凍機です。 槽内の低温化したアルコールを撹拌することで、上下・左右どの場所でも凍結ムラをおこさず、安定かつ高品質な鮮度保持が可能です。
≫なぜ凍結方法によって、解凍後の品質に違いが出るのか?

③寄生虫の食中毒対策にも有効!

当製品は-35℃で冷凍可能ですので、生鮮魚介類に寄生するアニサキスや、旋尾線虫などの寄生虫が原因となる食中毒を予防することができます。
≫飲食店様・販売店様必見!急速凍結で寄生虫対策・予防!

液体急速凍結機「リジョイスフリーザー」が優れている2つのポイント

1.抜群の凍結スピード

液体急速凍結機「リジョイスフリーザー」は気体凍結に比べ熱伝導率が高く、約20倍という特徴があります。

抜群の凍結スピード
凍結所要時間
製品厚み 牛肉 豚・鶏肉
2cm 約10分 約10分 約8分
5cm 約35分 約30分 約25分
8cm 約50分 約45分 約40分
10cm 約70分 約60分 約60分

2.高品質な鮮度保持

冷凍時に食品へのダメージが大きい最大氷結晶生成温度帯を驚異的なスピードで通過させる為に細胞破壊を防ぎ、解凍しても凍結(急速冷凍)前に近い状態へ戻ります。

食材の変化 比較写真
食材の変化 比較写真
なぜ凍結方法によって、解凍後の品質に違いが出るのか?
ドリップ量の違い

ドリップとは、冷凍肉や魚を解凍したときに出る赤い液体です。たんぱく質、アミノ酸塩類、ビタミンなどの栄養分やうまみのもとで、これらが失われると食品の味や品質が劣化します。
緩慢冷凍と液体急速凍結機「リジョイスフリーザー」の違いは、解凍時のドリップ量に数字として表れます。

ドリップ量の違い
リ・ジョイスフリーザーで急速冷凍が可能な食材
鮮魚 水産その他 精肉 野菜・果物 加工・調理品

マグロ

ヒラメ

サケ

フグ

アジ

あん肝

たこ

イセエビ

車海老

アワビ

イクラ

イカ

牛肉

豚肉

鶏肉

内臓肉

猪肉

鹿肉

タケノコ

山芋

ごぼう

ブロッコリー

マンゴー

ドラゴンフルーツ

漬物

真空調理品各種

惣菜各種

厚焼き玉子

ローストビーフ

ゆば

胡麻豆腐

 

飲食店様・販売店様必見!急速凍結で寄生虫対策・予防!

生鮮魚介類を生食した場合、アニサキスや旋尾線虫という寄生虫による食中毒に罹患する場合があります。 アニサキスによる食中毒は年間推計7,000件以上も発生しており、厚生労働省も注意を呼び掛けています。 (アニサキスによる食中毒を予防しましょう:厚生労働省HP)
しかしこれらの寄生虫による食中毒は目視で確認、鮮度を徹底、加熱と冷凍で予防することが可能です。

■アニサキスの死滅温度
冷凍(中心温度が-20℃で24時間以上、もしくは-35℃で20時間)
■旋尾線虫の死滅温度
冷凍(中心温度が-30℃で4日間以上、もしくは-35℃で15時間以上、または−40℃で40分以上)

通常の冷凍では解凍時に品質が落ちてしまいますが、『リ・ジョイスフリーザー』であれば-35℃で急速凍結するため、 解凍後も品質を保ちながら、安全な生鮮魚介類の提供が可能です。

【生鮮魚介類用途】
・サバ、サンマ、カツオ、イワシ、アジ、サケ、タラ、イカ等の生食
・ホタルイカ、スケトウダラ、ハタハタ、スルメイカなどの冷凍

お電話でのお問い合わせは078-994-2900
お気軽にお電話ください お気軽にお問い合わせください

新着情報一覧はこちら

ブログ一覧はこちら

2020/01/27 NEW!
寄生虫による食中毒対策もできる!液体急速凍結
2019/05/15
静岡県伊東に納品・試運転に行ってきました!
2019/04/10
イカナゴの液体急速冷凍、比較レポートです!
2019/03/25
静岡県伊豆半島に納品に行ってきました!
2019/03/08
明石市公設市場での冷凍・解凍テスト
2019/03/01
―冷凍で防ぐアニサキス幼虫による食中毒―
2019/01/31
トレイに乗せたままのお造りの冷凍テスト
2017/12/12
ブリのお刺身を液体急速冷凍!
2017/11/20
~ブラックタイガーの冷凍比較テスト~
2017/10/30
メロンの冷凍比較テストです!
2017/06/30
新テストルームが完成しました!
2017/06/19
FOOMA JAPAN2017に出展しました!
2017/05/22
ご飯の長期冷凍保存比較レポートです!
2017/05/02
ゆで卵を長期冷凍保存して比較しました!
2017/04/25
長期冷凍保存した長芋を解凍比較します!
2017/04/18
紅ズワイガニのサンプルテスト事例です!
2017/04/11
高級魚ノドグロのサンプルテスト事例です!
2017/04/04
遠方のお客様でも急速冷凍のサンプルテスト可能です!
2017/03/22
冷凍に不向きな「もやし」を急速冷凍してみました!
2016/11/22
Fish-1グランプリ!滋賀県ビワマス優賞!!【追記アリ☆】
2016/11/15
Fish-1グランプリ!
2016/09/06
「自立・帰還支援雇用創出企業立地補助金」の公募について
2016/09/05
最終回 第5回成長産業等設備投資特別支援助成事業[東京都中小企業振興公社]
2016/07/30
機器の点検が義務化されました
2016/07/23
古い冷凍機の冷媒「R22」は、2020年に全廃されます。
2016/06/13
FOOMA JAPAN 2016国際食品工業展 ご来場の御礼
2016/06/07
2016国際食品工業展 開幕しました。
2016/05/28
リ・ジョイスフリーザーのお手入れ方法
2016/05/23
西日本食品産業創造展’16にご来場いただきありがとうございました
2016/05/18
西日本食品産業創造展 開幕しました。
2016/04/15
冷凍食品の賞味期限はどうやって決めるの?
2016/04/14
急速冷凍の方法
2016/04/13
急速冷凍が良い理由
2016/04/08
緩慢冷凍と急速冷凍
2016/04/01
ホームページオープンしました!
液体凍結のすべてがわかる!
導入事例
よくあるご質問
凍結テスト実施中
小型液体凍結機のレンタルサービス

【本社】
〒651-2228 神戸市西区見津が丘1丁目3-1
TEL:078-994-2900 FAX:078-994-2903
【横浜営業所】
〒177-0052 東京都練馬区関町東1-27-7
TEL:03-5903-7555
米田工機株式会社ホームページ
http://www.yoneda-kohki-group.co.jp/
Copyright(C) 2016 Yoneda Koki Co.Ltd. All rights reserved.