米田工機株式会社

ブログ

機器の点検が義務化されました

フロン排出抑制法とは

業務用冷凍空調機器分野の多くはフロンガスが使用されています。そのフロンガスが大気に放出されると「地球温暖化」に大きな影響を及ぼします。現状のフロンガス回収量はおよそ3割と言われており、このままのペースだと2020年におけるフロンガスなどの排出量は現在の約2倍程度となると予測されます。

[出典]環境省「フロン類対策の一層の推進について(フロン排出抑制法の概要)」

 

 フロン類の確実な回収や処理を目的にしている「フロン・破壊法」が改正され、フロン類に係るすべての主体に対して取り組みを促していく「フロン排出抑制法」として27年4月1日に施工されました。これにより、業務用の冷凍冷蔵機器や空調器を所有(管理)している方は、『定期点検』などに取り組むことが義務付けられました。

 

フロン排出抑制法 ~使用者等の義務(使用時、廃棄時)~

法対象フロン類
特定フロン 代替フロン
CFC HCFC HFC
R11,R12,R502など

R22,R123,R402A,

R403A,R509Aなど

R32,R134a,R404A,R407C,R410Aなど

 

誰が対象になるの?

①業務用の空調機器(エアコン)

②業務用の冷蔵機器及び冷凍機器

①②の設備を所有者及びリース/レンタル契約者

「管理者版運用の手引き」(フロン抑制法ポータルサイト)

 

なにをするの?

簡易点検もしくは定期点検の実施

②漏えいを発見した場合は漏えい個所の特定整備を実施

③機器の点検、修理に関する記録簿の作成

④フロン類算定漏えい量の報告

 

①点検とは?

◆簡易点検

対象機器    :全ての第一種特定製品

点検実施頻度 :少なくとも四半期に一度行う必要があります。

点検対象者   :問わない(管理者でも外部委託者でも構いません)

「簡易点検の手引き」フロン抑制法ポータルサイト)

 

◆定期点検

対象機器    :一定規模以上の大型の業務用空調機器が対象

点検実施頻度 :

製品区分 区分 点検の頻度

冷蔵機器・

冷凍機器

当該機器の圧縮機に用いられる原動機の

定格出力が7.5kW以上の機器

1年に1回以上
エアコン

当該機器の圧縮機に用いられる原動機の

定格出力が7.5kW以上50kW未満の機器

1年に1回以上

当該機器の圧縮機に用いられる原動機の

定格出力が50kW以上の機器

3年に1回以上

点検対象者   :十分な知見をもった者

 

(出典:(財)日本冷媒・環境保全実施フロン排出抑制法説明会資料)

 

フロン機器「廃棄時」

廃棄時に取り組む内容(法改正前からの義務)

・フロン類の適切な引き渡し

回収依頼書/委託確認書の交付・保存、引取証明書の保存(行程管理制度)

・フロン回収行程管理票を交付してフロン類の回収

 

 

リ・ジョイスフリーザーでは、RF-50以上の機種は7.5kW以上の圧縮機を使用していますので、1年に1回以上は専門の知識を有する者が定期点検を行う必要があります。

※リ・ジョイスフリーザーについてご不明な点は、弊社営業部までお問い合わせください。

 

詳しくは下記リンクをご覧ください。

フロン排出抑制法ポータルサイト(環境省)

日本冷媒・環境保全機構実施フロン排出抑制法説明会資料

更新日
2016/07/30
このエントリーをはてなブックマークに追加
お電話でのお問い合わせは078-994-2900
お気軽にお電話ください お気軽にお問い合わせください

ブログ一覧はこちら

カテゴリ一覧

新着情報一覧はこちら

液体凍結のすべてがわかる!
導入事例
凍結テスト実施中
小型液体凍結機のレンタルサービス
【本社】
〒651-2228 神戸市西区見津が丘1丁目3-1
TEL:078-994-2900 FAX:078-994-2903
【横浜営業所】
〒177-0052 東京都練馬区関町東1-27-7
TEL:03-5903-7555
米田工機株式会社ホームページ
http://www.yoneda-kohki-group.co.jp/
Copyright(C) 2016 Yoneda Koki Co.Ltd. All rights reserved.